読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジュノ見た

映画感想

JKシモンズ目当てにピンクのゴシック体のタイトルの洋画初めて見たんだけどすごいなこれ。なんだよこれ。こんな暗いブログをわざわざ読んでる人でピンクのゴシック体のタイトルの洋画を見てる人は絶対にいないと思うのでざっくり説明すると、てきとーにセックスして妊娠したバカがひたすら現実を受け止めずにフワフワしまくって、えっそんな調子で子供、どないするんやと思ったら、他のバカに養子に出すってことで一件落着。養子を貰う側の旦那に恋愛感情を持っているともとれる行動を無自覚にしておいて、旦那がその気になったら「私そんなのしんない!!!だって私子供のつもりだったもん!!てか不倫とかキモい!!お前最低!!!」で逆ギレ。旦那ポカーン。でもそこまではよかった。このひたすら当事者性の無い浮ついたバカもといガキを、現実という極太の縄でシメるか理不尽という鋭利な刃物でバッサリ切り捨てる方向性に進むものだと。「でも奥さんは悪くないから子供は奥さんにあげるね!!!!私は妊娠のせいで気まずくなった彼氏と仲直りするから!!!はい解決!!!」おいまじか。

 

いや、バカはいいんだ。バカの映画は面白いんや。これはなんてゆーか途中で物語の軸が彼氏と私の本当の愛(笑)の物語にすり替わったのが一番問題じゃないですか。JKシモンズが強面で「本当のお前を愛してくれる人が大事なんだよ(うろ覚え)」みたいなキャラに合わないことを話を動かす為だけにペラペラ言い出すのが問題じゃないですか。いやっちゃんとパパしてるフレッチャー先生はかわいかったです。しかしもうすごいバカ見た。バカを見たストレスのやり場がない。エンドロールのJKシモンズを女子高生シモンズと読んでみることで得る細やかな幸福を一瞬で消し飛ばすほどのストレス。生まれた子供が立派な殺人鬼に育ち、本当の母親を探し出して殺す為の旅に出る続編を作ってください。