読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四散する私

日記

くるべきメールがこないので新しいバイトに本当に受かったのかわからない。まっさきに思い当たる節として、性格診断の結果が悪すぎて、最後の最後で採用を見送られたのではないかと思う。性格診断というのは、世にも有名な"アレ"だ。就活をしたことがある人なら一度は受けたことがあるらしいが、今回初めてお目にかかって衝撃を受けた。その中では、Aという選択肢とBという選択肢が、なぜか質問者にとっては「相反する、決して両立しない性質」ということになっており、私は瞬間瞬間自らがAなのかBなのかを選ばなければならなかった。項目が「はい/どちらかといえばはい/どちらかといえばいいえ/いいえ」の4つしかないので「どちらでもない中間、またはどちらでもある」という答えは許されない。たとえ私自身が「ある時はAであり、ある時はBであるなぁ」と心から感じていてもだ。例えば、ある瞬間では私は組織の目的に殉ずる人間であり、次の瞬間では我が強くて攻撃的である。慎重で行動的。大胆で臆病。目立ちたがりの二番手、ブレーキを踏みながらアクセルをふかし、絶叫しながら沈黙する。選択肢をポチポチと決定するごとに、私の手によって私自身が引き裂かれ四散していく。私はなぜこんなことをしているのか。なぜここにいるのか。心から創作をしたいのではなかったのか。しかし同時に心から社会で働いて金と自由が欲しいのである。創作をする為に社会で生きる術が欲しいのである。そんな二律背反の人間性がにじみ出ていて性格診断で弾かれてしまったのではないだろうか。というか、まず、メールの返事がこないくらいでこんな無根拠な妄想をしている時点でヤバイのではないだろうか。