読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文章のリハビリ

漫画の気が滞っており、ブログの存在を思いだしたので、ぼちぼち文章を書くことを再開してみようかなと思います。どういう風に文章を出力していたか完全に忘れてしまったので、なんか前のと比べるとキャラクターがブレている口調になっておりますがご了承ください。

 

文章を書いていない間は漫画を書いておりました。久しぶりにいっぱい描いたり電脳マヴォに載せてもらったり出版社や出張編集部に持ち込んだりして楽しくやってたのですが、先日持ち込んだときからなんだかやるぞという気が萎えてしまいました。というか、漫画が描けている時は「気の巡り」が良いような気がするのですが、そいつが段々衰えて萎えてきているのをついに認めざるを得ない境地になったという感じです。

 

私は元々不登校だったのですが、理由を今改めて考えてみると、「私は特別な人のはずなのに、なんでこんな勉強についていけないのか?周囲からはスクールカースト最下位みたいな不当な扱いを受けないといけないのか?」という抗議行動として学校に行っていなかったのではと思い当たります。そのまま不登校の延長のひきこもりで、社会的に死にながら漫画を描いていたんですけれども、それで商業誌に声をかけてもらって、初めて、自分の設定している「特別な自分」が社会側から保障された気がしたんですよね。そのときの気持ちを再現したくて今まで持ち込みしたり投稿したりしてきたのかなって。最近思ってます。というか、思っていることを認められてきた感じがします。

だから、これから商業のラインに乗せてもらうためには今の自分のことをめちゃめちゃ改造しなきゃいけないということに、今のところ「しんどいな」って気持ちしか見出せないのかな。ちゃんと売りものになるものを作ってる人のことを見ると、なんかその、マジョリティの市場に合わせて改造するプロセスにも楽しみややりがいを見出してはるんですよね。私多分まだその段階じゃないです。自分の好きに描いたものを、沢山の人に好きって言われたい、言われるはずやのにおかしいってまだ思ってて、捨てられないでいます。

そこをね、「特別な人のはずなのに」という気持ちを、責めたり無いことにしたりしても仕方ないです。紛れもなく思ってしまってることなんですからね。人から見たらかなり気色悪いと思いますけど、自分の中の話としては、病的に自分を特別だと思わざるを得ない自分との付き合い方を考えてあげたほうが建設的なのかなと思います。まぁ、ちょっとどうしたらいいかよくわかんないですし、年上で眼鏡で理系で頭のよろしいお兄さんに「君は僕にとっては特別だよ(はぁと)」って言われたら、なにもかもうまくいく気がするなぁって気持ちが、まだ大きいですけどね…。

はぁーしかし、次これやったらどんづまってたなにかを突破できるんちゃうか!?って思ったところで止まってる感じもあるので、すごい揺り戻しな気もします。この場所から移動したいけど今はちょっと疲れてることだけが確かです。こんなこと考えてるときは大体「おれ、この物事に対してもうなんもできることねぇ…」って感じが先にあって、その言い訳をだだだっと考えてるだけだからね。

 

最近は、デザイナーもどきのバイトをしています。女だらけの大奥です。一人、口が上手いんだけど陰口をめちゃくちゃ言う女性がいて、その人の人格が私にインストールされ、プログラムから私の陰口が自動生成される感じになってきたので、もう辞めたいです。実はその人のこと最初はちょっと好きでした。漫画のことを応援してくれるって言ってたから。いや、さすがに、私を低賃金で利用するために調子いいこと言ってるだけだっていうのはわかってたんですよ。でも、わざわざ口に出して言ってくれるなんていい人だなってちょっと思っちゃってたんですね。この人陰口すっごい言うけど、私のことも絶対言ってるだろうけど、まぁ、人間やしそんなもんかなって。私その人の地雷をいつのまにか踏んでしまったらしくって。ある日を境に急に態度がよそよそしくなって。呼称が「○○先生」から「○○君」に部署内で一人だけ格下げ、こないだなんかついに名前間違えられましたよ。いや、デザイナーじゃない人がデザイナーのこと「先生」って呼ぶ現象、よく遭遇するけど、バカにされてるとしか思えないからやめたほうがええよって思ってたんですよ。思ってたんですけどね、ちゃんと。わ~、なにそれくっだんね~。いや~私、本当に対人スキル成長しませんね。ちゅーか、多分スキルは成長してるんだけど心が追い付いてないですよね。ちょっと煽てられるとすぐ気持ちよくなっちゃってこの人いい人~ポニョこの人好き~ってなっちゃって。ちょっと冷たくされるとこの人大嫌い~ってなっちゃって。感受性豊かかよ。もう辞めてさっさと次を探しますね。朝社訓を読むところはだめだ。具体的な憎しみを感じる。さようなら。この会社、大体嫌なことやびっくりすることばっかりだったけど、でも、ちょっとだけ楽しかったです。