読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイテックぎぎぎ

「君は社会人として経験と勉強がまだまだ足りていない。なにか話す前に一度自分のことを客観的に考えてみなさい。そして新しい君になりなさい」

こないだ上司に特大ロンギヌスの槍を腹にぶっ刺された。急にものすごく単純なミスを連発するようになった。もうメールひとつ満足に送れない状態。オイーッww テメーが急所ぶっ刺してくるからこんなことになっちゃったぢゃんww て人の所為にしてるけど、なんかもしかしたらはじめっからこんな状態だったのかもしれない。そんなんでボーッと仕事してるとまた喫茶店に呼び出されて上司が

「なんか溜まってることがあるんだったら遠慮なく言ってな」

「いや、なんていうか、私、やばいんじゃないかと思って…」

「うん。やばいか、やばくないかで言ったら、やばいで」

あ、ハイ。

「自分はそこそこ仕事できるほうだ」「そこそこ頭がいいほうだ」、というレイヤーを生まれながらになんの根拠も無く持っていたのだけど、それが突然非表示にされたので、色々なものが見えてきた感じ。

 

ある時上司からの指示がよく聞こえなかったので、聞き返すと返事が無かった。「無視された」と感じた。まぁしょーがねーよな、私がよく注意して聞いてなかったんだから、とアタマの中で自分自身に対して取り繕いつつ、無意識に手元のハイテックのキャップ部分を思いっきり握りしめながらあけしめしてぎぎぎ…とかしていた。あとあとから上司が「私、人の話聞いてない時があるから、そういう時は聞き返してください。もしかしたら無視したと思われたのかなと思って…」とフォローされて、そん時はそっかーわざわざ言ってくれるなんていい人だニャンと思ってたけど、もしかしたらさっきのハイテックぎぎぎ見られてたかもしれん。ハイテックぎぎぎ見られてイライラしてることを悟られてフォローされたのだったら非常にまずい。イライラしてハイテックぎぎぎしてしまうとかヤバイ人やん。まずハイテックぎぎぎは実は別にイライラのサインではなかったということを相手にサインしないといけない。なので私は日常的に手癖でハイテックぎぎぎする人だということを相手に印象付けないといけない。と考え、さりげなくいつでもハイテックぎぎぎするように努めようとしていた。このようにして、例えば、恥ずかしい動作とかを相手に恥ずかしがっているととられるのがイヤで、あとから相手の認知を上書き修正しようとして何度も何度も反復して同じ動作をして平気なふりをする、みたいなことを子供の時にやってたな、と思い出した。なんか私って今も昔も本当の本当に頭がおかしいんだな。

 

認知が歪んでると働きにくい。社会のスピードについていく為には正確な情報を正確に入力して正確に出力するという一連の動作を、素早く行うことが必要で、目玉も頭も心も歪んでる私にはそれがとても難しい。喫茶店で最後に「しょうもないものを溜めないようにしてね」と言われたけど、私の溜めてることって、「自分が自分の希望通りに周囲に扱われないことの不満」とか、「自分が未熟だということを認めること自体からくる多大なるストレス」とか、本当にマジでしょうもないことなんだよね。そんなん他人からは本気でしょうもない扱いされることは間違いないからせめて自分だけは、しょうもなくなんかないよ、そうだね、つらいよね、うんうん…みたいな感じで自分に接しようとするんだけど、気が付いたら虚空をレイプ目で凝視して唇の皮ベリベリ捲ってしまうし、なんでこの年になるまでほっといたんだろうとかばっかり考えている今のところ。舌が酸っぱい。NEET HATARAKE,IF YOU CAN