読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鏡面世界と全体性の回復

ブログを書き始めてから、年末はいつもまとめ的なものを書くのに気持ちが追い付かず、不穏な記事で終わってしまっている気がする。

 

2014年私はある時はAであったのに、次に起こった似たような案件でBになるという事態が多発した。AとBという言葉は加害者と被害者とか、観察者と行為者とか、○○る人と○○られる人とか、そういったとにかく不穏なカンジの対義語に置き換えられる。振り返るとそれはまるで鏡面世界を生きているようだった。勿論実際は違うだろう。私は登場人物も時期も条件も全く違う案件X、案件Ω、案件♪を、「似たような」という言葉で一括りにしている。そしてあなたは私で私はあなたみたいな思い込み、世界の姿を正確に観測できていない証拠です。観測の正確さ云々というより寧ろ行為者としてもっと実感を持つというか、責任をとるべきなのかな。もっともっとものごとを自分に引き寄せて、つど自分はどうしたいのか意識的に選択していくべきヤナッ。とゆーか実際は起こった出来事を自らの選択結果としてただ粛々と意識的に引き受けることしかできないのカナッ人間だからッ言うだけは簡単ヤデッシカシッ。

 

そーいやこないだバイト行く時に家の鍵が特定の場所においてなくて家から出られないパニック!!ってなった。私はものの置き場所に関してはきっちりした人間だから、ペンはここ消しゴムはここカギはぜったいここっていうのがあるので、どっかテキトーにどっかやるっていうのはありえないことです。もー私のあずかり知らぬ無意識はそんなにバイト行きたくないのか、そして特定の人物との人間関係における問題に直面することから逃げたいのかと思った。そして無意識を宥めまくって説得しまくって、よっしゃお前の言い分は黙殺しないし十分わかったからもう腹くくるわ!!! まぁ俺がなんとかするわ!!! と思ったら、サーッと手の中の鍵の感覚が戻ってきて、そーいや昨日上着のポケットの中で握ってたわ!! と、昨日着てた上着のポケットの中を探したら本当にあったんですよ鍵が。18歳のときに初めてのバイトの三回目くらいで全く同じような状況に陥った時は、ただパニックになって、結局窓から這い出てバイトに行ったんだけど。(笑)そんなやり方で無意識の抵抗を、毒親流秘儀強制抑圧突破してた時と比べるとすごい対話できてるし、あぁ今この瞬間の私は無意識と意識が確かに一個人になって全体性を回復したんだ、これからも無意識が人生にどうこうしたとしても、このようにして意識的に選択していけるナーと思いました。これは個人的にはたいへん劇的な出来事でした。しかし、その特定の人物との人間関係における問題は依然として係争中です!! なんとかできねー!!